草原のエプロン

 

ギャザーがたっぷり入った、かろやかなシルエット。

くるりと回れば、ふわりと揺れる。

草原で踊りたくなるようなエプロン。

 

この度、下北沢のfoglinenworkさんと一緒にエプロン、それからお揃いのリボンを作りました。

3月23日(fri)に、fog 2nd floorにて、お披露目会を開きます。

素敵なゲストの方にも参加していただきます。

詳細に関しましては、少しずつご紹介していきますね。

どうぞよろしくお願いします。

 

http://www.foglinenwork.com

 

 

 

<草原のエプロンができるまで>

apron roomという名前だけに、エプロンには特別な思い入れがあります。

家事をする女性にとっては日常着ですから、お気に入りを身に付けたい。

実用性もあって、ファッションの一部となるような、、、

でもそういったものがなかなか見つけられなかったので、今まで2着のエプロンを作りました。

どちらも細部にまでこだわり抜いてデザインし、とても信頼の置ける方のご協力のもとに完成しました。

おかげさまで販売用に作ったエプロンたちは全て、とても素敵なお客様のもとへお嫁に行きました。

完売の喜びと共に、世の中に潜むエプロンジプシーさんたちの存在を知りました。

 

ジプシーさんたちに向けて、また新しいエプロンを作りたいなあと思っていた時、アトリエのご近所さんでもあるfogさんから「一緒にエプロンを作りませんか?星谷さんのデザインで、fogの生地で」と嬉しいお声かけが!

すぐに企画がスタートしました。

今までに作ったエプロンはどれも透けにくい厚手の生地を使用し、ワンピースとしても着れるようなしっかりしたつくりにこだわってきました。

でもfogさんのリネンは乾きの早い薄手のイメージ。

それなら逆の発想で、春夏に気軽に巻ける布のような軽いものにしよう。

そうだ、ミレー絵画に描かれているような、羊飼いや農婦がさらっと纏っていたような、草原のエプロンを。

イメージは一気に決まりました。

もともとヨーロッパ古着のエプロンが好きで集めていたので、参考資料はたくさんありました。

ギャザーの寄り方、ポッケのデザイン、シルエット、、、実用性と古着の要素のいいとこ取りをして、デザインしました。

また、fogさんのリネンは色展開の豊富さも特徴。

たくさんの色の中からタイプの異なる3色を選びました。

実は最初は白一色でいいのでは、、と思っていましたが、サンプルが上がってきたら、同じデザインでも全く異なる雰囲気に、いい!!と、テンションが上がりました。

ナチュラルな白は今回の企画のイメージそのものですが、色があるとスカートのようで華やかになってまた素敵です。

 

そしてエプロンと一緒にもう一つ、以前より提案したかったものを作りました。

それは大人のリボン。

リボンは女性にとって永遠のアイテム。

身に付けるのが恥ずかしい年齢になっても、リネンのようなナチュラル素材なら、、、!

また、髪になじみやすい色展開も厳選しました。

大人の女性の愛らしい部分をそっと引き上げてくれるような、大人だからかわいいリボン。

お披露目会では結び方の提案もできたらと思っています。


店頭で実物をご覧になれるのはお披露目会の23日だけです。

ぜひ草原のエプロンとリボンに逢いにきてくださいね。

   / pages   >>