apron room オリジナルエプロン

リビーシリーズ新作のおしらせ

「ファーマーズ・リビー」

 

完成しました!

 

(身長157cm)

 

今回もこのエプロンのパタンナーでもある裁縫作家の加藤容子さんに、縫製をお願いしました。

「このエプロンは量産の流れ作業ではなく、1着ずつ丁寧に作りたい」

と仰ってくださり、それはそれは真心を込めて拵えてくださいました。

 

今回は冬を意識して、厚地のリネンを選びました。

私も1着を早速愛用していますが、着ているととても暖かいです。

リネンや天然繊維の特性として、最初のうちはお洗濯のたびに多少の毛羽が生じます。

今回はすこし起毛したような温かみのある生地なので、毛羽がやや多めになります。

でもこういった生地こそ経年変化が楽しめて、末長くご愛用いただけると思います。

 

加藤さんより、こんなすてきなお話も伺いました。

 

「以前、昔のフランスのファーマーズウェアのデザインについてお話を伺う機会があり、仕事内容ごとに必要な機能が違うから、それにあったデザインをしている...という説明を受けました。その時に見せていただいたアンティークの服地の雰囲気と、今回のリビーはなんとなく似ています。今回のリビーもいい仕事してくれそうな気がします。」

 

加藤さんから納品されたエプロンをみて、このお話がすとん。と腑に落ちました。

今までもさまざまなリネン生地で加藤さんにリビーを作っていただきましたが、それぞれに雰囲気がまったく違っていました。

白のきめ細やかなリネンで作ったときは清楚なお嬢さん。(純喫茶の制服のような)

ローズ色で作ったときは愛らしい春の女の子。(ワンピースとしてお召しになっている方も多いかと)

今回はまさにファーマーズウェア。もしくはベーカリー風?

働き者の顔をしています。

家事が大好きな方に、ぜひがしがしと使い込んでいただきたいです。

 

 

素材:国産リネン100%

厚地で丈夫な生地ですが、重くはないと思います。

真夏はすこし暑いかもしれませんが、通気性がよいので年間通してご愛用いただけます。

使い込むほどに風合いが増す、経年変化をお楽しみください。

 

 

サイズ:M

肩紐のボタンの位置をつけかえることで、縦サイズを調整できます。

小柄な方はボタンの位置を詰めることをお勧めします。

 

デザインポイント

サイドにひとつ、ポッケがついています。

肩紐は背中でクロスするタイプ。(肩こりノンノン♩)

前にはギャザーをたっぷりと、後ろはタックを入れてすっきりさせたことで、ふんわりシルエットを出しつつ、広がりすぎないデザインにまとめています。

腰紐をウエストの位置で巻き(写真1枚目は1重巻き、2枚目は2重巻きにしています)、きゅっと結んでください。

エプロンは家事をするための、あくまで作業着ですので、ドレッシーすぎないラインを目指しました。

とはいえ、着こなしによってはワンピースのようにもなりますので、よそゆきコーデにご愛用いただくのもおすすめ。

おしりもすっぽり隠れるデザインで、エプロンといっても仕様はほぼワンピースです。

 

<加藤さんより、最後の水通しの際のお写真いただきました>

 

 

ファーマーズ・リビー  sold out

限定12着

   / pages   >>